ボーナスを利用した資産の運用法

正社員で働いていればボーナスを支給してくれる会社もあります。
ボーナスというまとまったお金が手に入ることで、老後の資金にしたり、家族に何かサービスしたりと使い道は様々ですが、最近ではそのボーナスを元手に資産運用を始める人も多くいます。
今回はそんな人におすすめできる、ボーナスを利用した資産運用の方法をご紹介しましょう。

資産運用の前にする事

資産運用には多少なりともリスクがかかり、保証のない商品への投資であるため、「余裕資金」という資金での運用をする必要があります。
余裕資金とは、生活費、子供の教育費、住宅購入などの10年以内に使う予定のあるお金、万が一のための緊急資金を除いたお金のことを呼びます。
緊急資金は、月の生活費の3ヶ月~1年あれば良いとされているので、元本保証がある定期預金などで備えておくのがベストです。
1ヶ月で家族の生活費が30万円かかるという人は、90万円~300万円が緊急資金となります。
緊急資金のない人は、まずボーナスなどでその分を蓄えてから資産運用を始めることをおすすめします。
また、自分が何のために資産運用を行うのか、きちんと考えましょう。
老後の暮らしのため、子供の将来のため、住宅購入のためなど期間をしっかり決めて、目的を持った資産運用を心がけてください。

商品を選ぶ基準

商品には大きく分けて債券と株券が存在します。
これらは通常では違う値動きを見せます。
株式はリスクが高く、債券はリスクが低いとされていますが、どちらも国内の物と外国の物があるため、組み合わせが重要となってきます。
また、外国の商品は為替の影響を受けやすく、国内の商品よりも高リスクと言えます。
そのためリスクの少ない商品を選ぶことがポイントになるのです。

分散投資でリスクをできるだけ回避

資産運用でリスクをできるだけ回避するためには、分散投資を行うことが有効な手段だと投資家の間で検証されています。
国内株式・外国株式・国内債券・外国債券などを、リスクの低いもの同士で組み合わせて選ぶことで、リスクを軽減できます。
また、値動きのある商品は購入のタイミングをずらし、定期的に一定額を購入することを推奨します。

資産運用を行う場合は、しっかりと目的と期間を定め、分散投資も視野に入れましょう。
ボーナスが支給される月は、少しだけ上乗せして購入してみるというのも有効な手段です。
慣れてきたら資産運用にボーナスの利用も検討してみましょう。
また、資産運用に困ったらプロに相談してみるという方法もあります。

この機会にぜひ利用してみてはかがでしょうか?

無料の資産運用セミナーは役に立つのか検証したい

日本各地で開催されている資産運用セミナーですが、有料のものもあれば無料のものもあります。

更に女性向けや初心者向け、会社で定年を迎えられた人向けなど対象者も様々で、その内容も不動産投資もあれば、投資信託用など投資先別も様々です。

各地で開催されている資産運用の無料セミナーは役に立つものなのでしょうか。

時間を作り足を運ぶのですから、事前に十分検証してから参加したいもの。

資産運用セミナー

資産運用に関するセミナーが日本各地で開催されていることをご存知ですか?

ジャンルとしては不動産関係が多く、株式投資や投資信託といったものもあり、しかも会場にさえ足を運べば無料で受けられるものも

もちろん内容はどのような資産運用を行うかで検証してみることも大事ですが、せっかく無料なのでこれから資産運用をと考えている人であれば、初心者用の受講を検討してみる価値はありそうです。

内容としてはお金に関する基礎知識や、株式にFX,ビットコントなどジャンルを選ばず解説してくれる講座など様々です。

今まだどのようなところへ投資するか決め兼ねている人にとっては参加を検討してみる余地はありそうです。

無料セミナーでも役に立つ?

いくら無料とはいえ、貴重な時間を割いて交通費を使って参加するのですから有益な情報でなければ参加する意味がありません。

例えば株式投資に関する基礎知識が学びたくて関連セミナーを選んで参加したのに、前述のようにFXやビットコインといった他のジャンルまでごちゃ混ぜで解説され、肝心の聞きたかった内容が薄かったのではガッカリです。

既にどのような資産運用を行うか目標がはっきりと決まっている場合は、そのジャンルの専門セミナーを受講しましょう。

また内容も初心者向けとかサラリーマン向け、リタイヤした人向けなど色々あるようなので、自分がどのような立ち位置なのかもしっかりと把握した上で聞きたいセミナーを選べば、例え無料セミナーであっても役に立つ内容の講義がたくさんあるようです。

但し、既に何年も資産運用を行ってきた人にとってはちょっと物足りない内容のセミナーもあるようなので、そういった場合は内容を事前に検証して有料セミナーを選びましょう

セミナーの効果を活かす

どれほど有益なセミナーでも聞いてきただけで終わらせれば役に立ちません。

必ず自分の投資先にその内容を反映させます。そして資産運用結果を検証します。

結果が以前に比べて改善されているならば、それがたとえ無料のセミナーであっても役に立ったという証に違いありません。

資産運用結果に責任を持つ

資産運用結果を検証する方法は以前に増してより一層知識が必要になってきています。
誰でも簡単に資産運用の結果を検証できるサイトは↓が最も知識がつくでしょう。

資産運用は期間を決めておく

資産運用する上で、目的と期間を決めることは重要です。
期間を決めずに投資を行い続けると、儲かるどころか失敗してしまう可能性があります。
期間を決めるにはしっかりとした人生設計も必要ですが、中にはそういったことが面倒だという人もいるでしょう。
資産運用では一般的に60歳がゴールだということが投資家の間で検証されています。
今回は資産運用の期間について、詳しくご説明していきましょう。

資産の運用は時間のマネジメント

資産運用の際には、目的と期間をきちんと決めてから自分に合った投資方法を選ぶ人が多くいます。
資産運用は時間のマネジメントだとも考えられています。
なぜなら時間軸の意識を持つことが大事だからです。
ただ、お金を増やすだけのために何も考えずに投資を続けていると失敗してしまいます。
そのようなことにならないように、ゴールをしっかり定めましょう。
人によってはゴールが異なり、平均的な日本人の場合は60歳がゴールとされています。
ゴールを決めることで、投資のリスクに対して万全な準備が行えるでしょう。
一般的には年齢を重ねると、投資においての判断やタイミングが遅れることが投資家の間で検証されいます。
だらだらと投資をしていてはリスクを増やす一方です。
そのため期間を60歳に決めておくことで、ハイリスクな投資を避けつつ、トラブルからも回避することにつなげられるのです。

一般的に60歳が投資のゴールという理由は?

日本では一般的に、60歳が定年退職時期と考える企業が多いとされています。
そのため定年退職後は収入がなくなり、投資する余裕もなくなるのです。
投資するための資金だけではなく、基本的な生活ができるお金を確保するためにも、しっかりとした人生設計を立てておくことが重要視されます。

投資パターンを予想しよう

ゴールを60歳にした場合、どのような投資パターンがあるのか考えてみましょう。
35歳で、余裕資産が500万円ある場合、60歳までに月3万円の投資をすることができます。
ゴールした時に3000万円の利益が欲しい場合は、必要収益率が4.1%になります。
そうした場合は、債券と株式との割合が半々の穏やかな資産分配で、目標額に達成することが可能となります。
3000万円ではなく6000万円に目標額を設定したいという場合は、必要収益率
が 7.6%で株式主体でリスクを背負うと良いでしょう。


長期の資産運用を考えている場合は、投資顧問にメールで相談して投資について様々な情報を教えてもらうことをおすすめします。
そんな投資顧問を利用したい人に最適な投資顧問として、雅投資顧問が挙げられます。
雅投資顧問の利用プランの中では、雅コースが得におすすめと投資家から推奨されています。
投資顧問を上手く利用し、人生設計を考えた資産投資を考えていきましょう。

資産運用で節税対策の結果検証は重要

資産運用で節税対策に頭を悩ませている人は多いことでしょう。

無駄な税金は節約して、その分で浮いた資金は次の運用に投資して賢く資産運用を行いたいものです。

そのためには目先の利益ばかりにとらわれず、節税対策の結果を検証すると言った小さな努力も重要です。

株式投資の節税

資産運用にはいろいろな方法がありますが、節税方法もその資産運用方法によって違ってくるので十分に事前検証が大切です。

例えば資産運用の代表とも言える株式投資ですが、こちらは株式を売却した時に得られる売却益に対して課税されます。

その利率は20.315%も掛けられ、売却せずに長期運用している場合の配当金にも同じ利率で課税されます。

しかしもし仮に賢くリスク分散し、2つの銘柄で株式投資していたとします。

一方は利益があり、もう一方は損益を計上してしまっていた場合、その両方を合算して損益通算して節税できるということを覚えておきましょう。

【例】
・A株:50万円の利益(20.315%)の課税
・B株:20万円の損失

この場合A株50万円-B株損失分20万円=30万円に対して課税

不動産投資による節税

次は不動産投資の場合ですが、賃貸収益から固定資産税や減価償却費といった必要経費を引き、資産運用結果を検証します。

もし仮に必要経費の方が賃貸収益を多いような場合は当然赤字に。その赤字分を給与所得などと損益通算することで確定申告時に所得税の還付が可能となり、結果的に減税になります。

またそれだけでなく、所得税が減額されると住民税も抑えられるので、そちらでも減税が可能になります。

その他にも賃貸物件の減価償却という経年劣化や資産価値の低下を見込んだ帳簿上の経費を上手く利用することで税金を少し

でも抑えることも可能です。

節税の効果を検証

こういった節税の効果は時として小さいものかもしれません。

そのためどうしても目先の大きな収益に着目しがちです。

しかし逆に先程の事例のように損失を計上した時にこそ減税対策の効果が大きくなる場合もあります。

収益が少なくなった上に多額の税金を払っていたのでは、まさに泣きっ面に蜂です。

投資家として資産運用を行う以上は、運用による収支管理と同様税金にも気を配り、しっかりとその減税効果を検証して最善の運用方法を行っていきたいものです。

更に前項でも取り上げた損益通算を意識していれば、リスクを分散させるために複数の資産運用を行うことで減税効果が更に大きくなる場合もあります。

もし仮に既に何かに投資しているのであれば、この辺もしっかりと検証してみましょう。

資産運用で不動産投資のメリット・デメリットを検証

先行き不透明な将来に備えて資産運用を検討されている人が増えています。

中には先祖から引き継いだ土地を有効活用して不動産投資による資産運用を検討中の人も多いはずです。

しかし必ずしも不動産投資には自分の土地を持っていないといけないわけではないです。

実際にどのような投資方法があり、それぞれにどんなメリットとデメリットがあるのか検証してみると良いでしょう。

不動産投資の種類

一口に不動産投資による資産運用といっても、様々な種類があるため、先ずは自分にとってどのような方法が最適かジャンル分けをして検証してみる必要があるでしょう。

【保有資産の活用】
既に自分で持っている土地を活用する場合であれば
・売却
・駐車場経営
・アパート経営
・ソーラーパネル設置
・果樹園などに転用

【新規購入】
・土地の転売
・アパート・マンション経営
・不動産投資信託

などが考えられます。

保有資産は売却してしまえば手元に一時金は入りますが、その後地価が上昇しても既に土地がないというリスクがありますが、固定資産税を払い続けなくても良いというメリットがあります。

このように各投資方法にはそれぞれメリット・デメリットがあるので検証が必要です。

サラリーマンであるならば

既存の土地を手元に残し、何らかの方法で収益を得続ける方法は最も現実的でメリットの大きい資産運用方法です。

しかしどの方法をとっても維持管理費が発生し、現在サラリーマンなどの仕事を持っている場合は、運用方法によっては退職も余儀なくされるというデメリットもあるので、不動産投資に踏み切る前に自分で選んだ運用先をシュミレーションで資産運用結果を検証します。

その結果、現在の仕事を辞めても十分な利益が得られるという検証結果が得られた場合には不動産投資に絞ることも選択肢のひとつです。

ただリスク分散の観点からも、しばらくは現職との併用がお勧めです。

新規購入の場合

不動産を新たに購入して資産運用する場合は新築か中古物件かで検証方法も変わってきます。

新築の場合は購入価格が高く、投資直後の利回りはあまり期待できないかもしれません。

しかしある程度長い期間改装や補修の費用がかからないというメリットが有り、更に日本で一番懸念される地震に対する最新の耐震構造を満たしているとメリットがあります。

中古物件の購入は新築物件の全く逆で、購入価格は抑えられてもその後の維持費や、仮に耐震基準を満たしていないような古い物件であれば、余計な出費が必要になるといったデメリットが考えられるので、物件購入時に検証が必要です。

資産運用にビットコインが最適かどうか検証する

あなたがもし現在何らかの資産運用を始めているのであれば、まずはその資産運用結果を検証します。

そしてその結果に満足できていない、もしくはリスク分散のためにもっと他の資産分散先を検証してみる価値があると判断したならば、ビットコインはいかがでしょうか。

日本でも円以外にはじめて通貨として認められ一部銀行でも取り扱うことが決まったビットコインの資産運用への可能性を検証します。

ビットコインとは

ビットコイン(Bitcoin)は仮想通貨と呼ばれるものです。

仮想なので紙幣やコインといった実態はありませんが、れっきとした通貨で単位は「BTC」で表されます。

日本円であれば「1,000円」、米ドルであれば「1,000ドル」と表記されるように、ビットコインも「1,000BTC」という通貨単位で表記します。

ただあくまでも仮想通貨なのでお財布に入れて持ち歩く訳にはいきません。

しかしこのビットコインで日本円の通貨のようにちゃんとお買い物も出来るのです。

仕組み的には電子マネーによく似ていますが、その国の通貨を、その国内で電子決済しているだけで、その場で現金は払いません。銀行口座から使った分の金額が引き落とされます。

一方のビットコインは、一旦その国の通貨をビットコインに両替しなければいけません

言ってみれば電子マネーは日本円をチャージして使用しますが、そのかわりに円を仮想通貨に両替してからチャージするようなイメージです。

ビットコインは資産運用に使える?

次はそのビットコインで買い物をするだけでなく、資産運用にも利用できるかの検証です。

ズバリ日本はFX全盛期ですが、仮想通貨市場はFXの何十分の1という認知度の低さです。

その為今後FX同様に急速に市場が拡大していくと考えられているようです。

しかもブロックチェーンという他に類を見ない強固なセキュリティシステムが構築されていて、資産運用としても安全性が確保されているのです。

そして日本国が円以外にビットコインを通貨として認め、大手一部銀行では既に一般向けに発行を始めているとのこと。

そうなると検証するまでもなく、資産運用対象になるのではないでしょうか。

リスクはないの?

資産運用で最も心配なのはリスクですが、ビットコイン最大のデメリットを検証すると、双方が仮想通貨IDを持っていないとやり取りができません

このシステムには中央銀行のような通貨発行元や管理者が存在しません。

その代わりID取得者全員が決済状況を確認でき、使用者全員の目が監視するシステムです。

ただ通貨なので誰でも使用する事はできますが、IDを取得した人同士でないと利用できないのが唯一のデメリットとも言えます。

資産運用で投資信託とファンドの違いを
検証してみる

将来に向けて何かの資産運用を始めてみたいが、会社の仕事と両立させるのは難しいと考えている人も多いことでしょう。

事実資産運用の王道とも言うべき株式運用などは、株式市場で取引されるのが平日の日中に限られています。

しかし、すべての資産運用をファンドマネージャーに身を託せる投資信託であればサラリーマンでも始められるのではないでしょうか?

ところでよく耳にする投資信託とファンドの違いってご存知ですか?

この2つに違いがあるのかどうか検証してみたいと思います。

サラリーマンにも嬉しい投資信託

テレビCMや銀行内、駅の通路などに掲載されているポスターなど、色々なところで投資信託の文字を目にした人は多いと思います。

しかし運用に関わっていない方には、あまり聞きなれない商品かもしれませんね。

これは銀行や証券会社の一つの商品で、投資家から資金を集めるためのサービスのようなものです。

しかも銀行や証券会社は販売して資金を収集しますが、実際の運用は別途信託会社が行います

この信託会社はファンド会社とか運用会社ともいわれ、収集した資金を元にファンドマネージャーという資金運用のプロが、各種情報を検証しながら利益を得られるようにいろいろな取組を行ってくれます。

ですから実際の資産運用はファンドマネージャーが代行してくれるため、会社員の方でも勤めながらにして資産を増やすことが出来るのです。

投資信託とファンドの違い

ここで気になるのが投資信託とファンドの違いです。

一般的にはこの2つは同義語として紹介れており、ファンドは広義で投信信託そのものや信託会社、更には一任業務を行う投資顧問会社が取り扱う金融商品まで広くファンドと呼ばれるのに対し、投資信託は行政が監督を行う投資信託委任業者が取り扱うものに限られている点が違います。

ただこれらを厳密に比べて検証してみても、一般投資家にはあまり意味のないことかもしれませんね。

投資信託は安全?

ただ両者の最も大きな相違点は、投資信託が行政によって厳しく管理されているのに対し、ファンドにはいろいろな商品があるため、安全面を検証すると明らかに前者の方が安全と言えそうです。

しかし投資信託も元本が保証された商品ではありませんので、リスクはあります。

ですから例えファイナンシャルプランナーが運用してくれているとはいえ、投資家自身でも資産運用結果を検証します。

そしてリスクが大きいと判断した時には別の資産運用先も検証してみるといいですよ。

不動産で資産運用するなら不動産ローンも
検証すべし

各種ある資産運用の中でも、不動産投資には一般的に大きな資金がなければいけません。

例えば先祖からの土地があるので、その土地を有効に利用してアパート経営を始めたい。

しかし運用できる現金は土地を整地して宅地整備を行うだけで、とても建物を建てるだけの資金はない。

そうした場合は既存の資産の運用というよりは不動産ローンで借金も検討しなければなりません

資産運用における不動産ローン

不動産で資産運用を考えた場合に受けられる融資が不動産投資ローンです。

同じ建物を建てるためのローンでも個人が家を建てるためにお金を借りる住宅ローンとは色々な点で違いがあります。

先ずは住宅ローンと不動産ローンの違いをハッキリと認識しておきましょう。

【貸付目的】
・住:個人の住宅建築費用
・不:アパート投資などの事業目的

【貸付審査】
・住:個人の年収が安定していれば比較的ゆるい
・不:事業の採算性を重視し、不測の事態なども想定して審査が厳しい

【金利設定】
・住:低めの設定
・不:金融機関によりバラツキが大きいが全体的に高めの設定

*住=住宅ローン  不=不動産ローン

以上のように投資目的のローンはその後のリスクも考慮して審査も厳しく、金利も高めになっています。

借り入れを検討する場合はこの辺の検証も大切です。

不動産ローンのメリット・デメリット

借り入れる前にきちんとメリットとデメリットも検証しておかなければいけません。

【メリット】
・自己資金が少なくても審査に通ればアパート投資などの資産運用が開始できる。

【デメリット】
・事業計画に不安があると審査が厳しい
・個人の住宅ローンに比べて金利が割高
・空室などの事業収益が減ると返済が厳しくなる

やはり家賃収入などの利益が減った時の不測の事態に備えて、ある程度の運転資金は確保しておく必要がありそうです。

減価償却も検証しておく

土地に比べ建物は年月が経てば資産価値が下がります。

これを減価償却といい、当然入居率をアップさせるには定期的な補修や改装、場合によっては建て替えといったことも検討しなければいけません。

これらも踏まえ、投資とローン返済額及び減価償却費などをトータルに考えて資産運用結果を検証します。
その結果投資に見合った利益が得られる家賃を設定するか、何らかの付加価値を付けて値上げをするなどの対策も検討しなければなりません。

もしくは金利面などで少しでも有利な金融機関とローン契約を結ぶ必要があります。

資産運用ではリスクやデメリットの検証なしに
成功なし

資産運用を行う上で成果や利益といった結果の検証はとても重要です。

どのくらいの成果があったかで、次回への投資につぎ込める金額も変わってくるはずです。

また成功したプロセスをもう一度辿るということはとても有効な手段です。

しかし資産運用には必ずリスクも存在し、時には大きな損失を出したりデメリットも当然有るので、こういったマイナス面の検証もとても大事です。

資産運用にリスクは付き物

これは資産運用だけに限ったことではありませんが、物事には必ずメリットデメリットがあり、当然投資には必ず何かしらのリスクが付きまといます

一般的にリターンの少ない投資ほどリスクも小さいと言われていますが、例えば銀行預金などは預けたお金の元本は保証されていますが、利息は極わずかで、その僅かな利息でさえも引き下げられるリスクを孕んでいます。

また上手に運用すれば大きな差益の見込める株式投資であっても、国内情勢だけでなく海外でのテロやクーデターといった突発要因に左右されて、思わぬ株価の下落に見舞われることも考えられます。

これらはいくら事前に検証して購入した株式であっても予測の範囲を超える外的要因を受ける場合もあります。

リスクやデメリットを常に意識する

人はどちらかと言うと、失敗をすれば反省をしますが、成功をしていれば良い面しか目に入らなくなるものです。

しかし成功しているときにこそ、リスクやデメリットについて検証しておくべきです。

まさに『転ばぬ先の杖』です。

どんな投資であっても成果が出ればよくても悪くても必ず資産運用結果を検証します。

その時想定内のリスクであったのか、予想していなかった何かの要因で期待値を下回ったのかを検証しなければいけません。
想定内であれば、今後もそのまま受け入れられるのか、少しでもデメリットを減らす改善ができないものかを検討しなければなりません。

更に大きな改善が必要なのが想定外のリスクです。

例えばアパート経営で順調に入居者を確保できていたのに、直ぐ近くにモダンでおしゃれなアパートが建設されれば、そちらに顧客を奪われることもありえます。

こうした事態に備えて改装費などの運営資金を確保しておくなどの対策も必要です。

防げないリスクは分散する

とは言え、資産運用には自分ではどうしようもないリスクやデメリットは必ずあります。

そうしたリスクをただ単に受け入れるのではなく、資産の運用先を幾つかに分けてリスクを分散させて置くことも大切です。

出来ればリスクやデメリットの大小のバランスにも注意を払いたいものです。

プロに資産運用を任せる投資信託のデメリットも
検証してみる

資産運用の必要性は十分に理解しているし、何か自分にもできそうな運用方法がないか検討している。

しかし現在の会社勤めとの両立は難しく、本格的にやるなら会社を辞めなければならないのでは?

確かに株式投資のデイトレードのように平日の昼間にパソコンのチャート画面に釘付けになったり、駐車場やアパート経営で管理人としてサラリーマンとの併用は難しい投資方法はありますね。

しかし他の方法も検証してみれば、サラリーマンを続けながらでも始められる資産運用は見つかります。

プロに全ての運用を任せる投資信託

一般的に投資ファンドともいわれる投資信託。

最も大きな特徴は、投資家は信託会社のファンドマネージャーに資金を預ければ、後は資産運用のプロが全て代行してくれることです。

これなら仕事を持っているサラリーマンでも、わざわざ有給休暇を取得したり残業を断ったりしないでも資産運用が可能です。

しかもプロに任せるので、あなたが難しい運用方法を勉強したり、難解なチャートグラフとにらめっこして検証したりといった手間も省けます。

更に素人や初心者が運用することに比べればリスクが少なく、リターンも大きくなることが期待できそうです。

投資信託のデメリットは?

と、ここまでは投資信託のメリットばかりがクローズアップされました。

しかし当然ファンドにもデメリットはあります。

具体的なデメリットを検証すると、

・投資信託を買い付けてもらう手数料必須
・ファンドマネージャーに運用を管理してもらう信託報酬が必要
・元本保証はなく、購入金額を下回ることは普通にある
・株式のようにタイムリーには取引されない
・ファンドマネージャーによっては優劣の差がある

といったデメリットがあります。

ファンドに限らず資産運用には全てなにかしらのリスクは付き物なので、これらのマイナス面をどう評価するかです。

結果の検証は必ず行う

ファンドマネージャーに一任の投資信託とは言え、運用結果がどうなったかの確認は必要です。

取引が行われると信託会社から発行される取引報告書で資産運用結果を検証します。

その結果積立額を増額すべきか、リスクを分散するために別の資産運用方法も検討すべきか、そういった事を検証しながら、ただ単にファンドマネージャーにおまかせではなく、自身でもファンドやその他の運用方法について学んでいくことも大切です。

結論として別の投資を決断したときのためにも、投資についての知識は日頃から勉強するように心がけましょう