ボーナスを利用した資産の運用法

正社員で働いていればボーナスを支給してくれる会社もあります。
ボーナスというまとまったお金が手に入ることで、老後の資金にしたり、家族に何かサービスしたりと使い道は様々ですが、最近ではそのボーナスを元手に資産運用を始める人も多くいます。
今回はそんな人におすすめできる、ボーナスを利用した資産運用の方法をご紹介しましょう。

資産運用の前にする事

資産運用には多少なりともリスクがかかり、保証のない商品への投資であるため、「余裕資金」という資金での運用をする必要があります。
余裕資金とは、生活費、子供の教育費、住宅購入などの10年以内に使う予定のあるお金、万が一のための緊急資金を除いたお金のことを呼びます。
緊急資金は、月の生活費の3ヶ月~1年あれば良いとされているので、元本保証がある定期預金などで備えておくのがベストです。
1ヶ月で家族の生活費が30万円かかるという人は、90万円~300万円が緊急資金となります。
緊急資金のない人は、まずボーナスなどでその分を蓄えてから資産運用を始めることをおすすめします。
また、自分が何のために資産運用を行うのか、きちんと考えましょう。
老後の暮らしのため、子供の将来のため、住宅購入のためなど期間をしっかり決めて、目的を持った資産運用を心がけてください。

商品を選ぶ基準

商品には大きく分けて債券と株券が存在します。
これらは通常では違う値動きを見せます。
株式はリスクが高く、債券はリスクが低いとされていますが、どちらも国内の物と外国の物があるため、組み合わせが重要となってきます。
また、外国の商品は為替の影響を受けやすく、国内の商品よりも高リスクと言えます。
そのためリスクの少ない商品を選ぶことがポイントになるのです。

分散投資でリスクをできるだけ回避

資産運用でリスクをできるだけ回避するためには、分散投資を行うことが有効な手段だと投資家の間で検証されています。
国内株式・外国株式・国内債券・外国債券などを、リスクの低いもの同士で組み合わせて選ぶことで、リスクを軽減できます。
また、値動きのある商品は購入のタイミングをずらし、定期的に一定額を購入することを推奨します。

資産運用を行う場合は、しっかりと目的と期間を定め、分散投資も視野に入れましょう。
ボーナスが支給される月は、少しだけ上乗せして購入してみるというのも有効な手段です。
慣れてきたら資産運用にボーナスの利用も検討してみましょう。
また、資産運用に困ったらプロに相談してみるという方法もあります。

この機会にぜひ利用してみてはかがでしょうか?