月: 2017年1月

資産運用は短期集中か長期分散のどちらが有利か検証する

資産運用と一口に言ってもいろいろな方法があります。

それは株式投資や国債、ファンド、更にはアパート経営といったジャンルだけではありません。

例えば株式に投資したとして、今後急騰しそうな銘柄一点に絞って投資を行う短期集中型の出資方法もあれば、大手企業の安定銘柄を何社か買って、長く配当金や株主優待の権利を保持する長期分散型の運用方法もあります。

この両者を検証するならば、どちらが有利なのでしょう。

インカムゲインとキャピタルゲイン

前述の両者を別の言い方で表すと、インカムゲインとキャピタルゲインと言い換えることが出来るのではないでしょうか。

インカムゲインとは資産を持ち続けることで得られる利益で、株式で言うならば、安定銘柄を持ち続け配当金や優待特典をもらい続ける資産運用方法です。

一方のキャピタルゲインは資産を手放す事で得られる利益のことで、同じく株式で例えるなら、株価が上昇した時に手離すことで得られる差益がこれに当ります。

基本的に資産運用で利益を得るにはこの両者の方法で、どちらが有利か検証する必要があります。

短期集中と長期分散のどちらが有利

ではこの両者を検証すると短期集中型と、長期分散型ではどちらが有利なのでしょう。

それは言い換えれば、どちらが、リスクが少ないかを検証することにもなります。

キャピタルゲインは資産を手放すことで利益を得るので、そのタイミングが正しければ短期間で大きな利益を収集することが出来ます。

一方で、期待したような株価の上昇がなければ損失も大きく、更に一点買いの集中投資だった場合、負ければ資産を失う上、次の投資の元手を再び準備しなければなりません。

いわゆるハイリスクハイリターン型の資産運用です。

一方のインカムゲインは、資産を持ち続けるので長く配当金が得られ、更に業績が上がれば配当金も増える可能性があります。

反面業績が下がれば配当金自体が期待できなくなったり、倒産によって株券が意味のない紙切れになってしまうリスクもあります。

しかしインカムゲインの場合は、月々の期待できる利益が少ないので、幾つかの銘柄に分散して投資する事が多く、そういう意味ではローリスクローリターン型の運用方法です。

目的に応じて検証する

投資を始めるにあたっては必ず目的があるはずです。

今直ぐまとまった資金が必要なのか、将来の蓄えなのか。

その目的を元に資産運用結果を検証します。

その結果多少リスクが大きくても短期集中型が必要であればチャレンジしてみてください。