月: 2019年4月

資産運用は期間を決めておく

資産運用する上で、目的と期間を決めることは重要です。
期間を決めずに投資を行い続けると、儲かるどころか失敗してしまう可能性があります。
期間を決めるにはしっかりとした人生設計も必要ですが、中にはそういったことが面倒だという人もいるでしょう。
資産運用では一般的に60歳がゴールだということが投資家の間で検証されています。
今回は資産運用の期間について、詳しくご説明していきましょう。

資産の運用は時間のマネジメント

資産運用の際には、目的と期間をきちんと決めてから自分に合った投資方法を選ぶ人が多くいます。
資産運用は時間のマネジメントだとも考えられています。
なぜなら時間軸の意識を持つことが大事だからです。
ただ、お金を増やすだけのために何も考えずに投資を続けていると失敗してしまいます。
そのようなことにならないように、ゴールをしっかり定めましょう。
人によってはゴールが異なり、平均的な日本人の場合は60歳がゴールとされています。
ゴールを決めることで、投資のリスクに対して万全な準備が行えるでしょう。
一般的には年齢を重ねると、投資においての判断やタイミングが遅れることが投資家の間で検証されいます。
だらだらと投資をしていてはリスクを増やす一方です。
そのため期間を60歳に決めておくことで、ハイリスクな投資を避けつつ、トラブルからも回避することにつなげられるのです。

一般的に60歳が投資のゴールという理由は?

日本では一般的に、60歳が定年退職時期と考える企業が多いとされています。
そのため定年退職後は収入がなくなり、投資する余裕もなくなるのです。
投資するための資金だけではなく、基本的な生活ができるお金を確保するためにも、しっかりとした人生設計を立てておくことが重要視されます。

投資パターンを予想しよう

ゴールを60歳にした場合、どのような投資パターンがあるのか考えてみましょう。
35歳で、余裕資産が500万円ある場合、60歳までに月3万円の投資をすることができます。
ゴールした時に3000万円の利益が欲しい場合は、必要収益率が4.1%になります。
そうした場合は、債券と株式との割合が半々の穏やかな資産分配で、目標額に達成することが可能となります。
3000万円ではなく6000万円に目標額を設定したいという場合は、必要収益率
が 7.6%で株式主体でリスクを背負うと良いでしょう。


長期の資産運用を考えている場合は、投資顧問にメールで相談して投資について様々な情報を教えてもらうことをおすすめします。
そんな投資顧問を利用したい人に最適な投資顧問として、雅投資顧問が挙げられます。
雅投資顧問の利用プランの中では、雅コースが得におすすめと投資家から推奨されています。
投資顧問を上手く利用し、人生設計を考えた資産投資を考えていきましょう。