カテゴリー: 資産運用

ボーナスを利用した資産の運用法

正社員で働いていればボーナスを支給してくれる会社もあります。
ボーナスというまとまったお金が手に入ることで、老後の資金にしたり、家族に何かサービスしたりと使い道は様々ですが、最近ではそのボーナスを元手に資産運用を始める人も多くいます。
今回はそんな人におすすめできる、ボーナスを利用した資産運用の方法をご紹介しましょう。

資産運用の前にする事

資産運用には多少なりともリスクがかかり、保証のない商品への投資であるため、「余裕資金」という資金での運用をする必要があります。
余裕資金とは、生活費、子供の教育費、住宅購入などの10年以内に使う予定のあるお金、万が一のための緊急資金を除いたお金のことを呼びます。
緊急資金は、月の生活費の3ヶ月~1年あれば良いとされているので、元本保証がある定期預金などで備えておくのがベストです。
1ヶ月で家族の生活費が30万円かかるという人は、90万円~300万円が緊急資金となります。
緊急資金のない人は、まずボーナスなどでその分を蓄えてから資産運用を始めることをおすすめします。
また、自分が何のために資産運用を行うのか、きちんと考えましょう。
老後の暮らしのため、子供の将来のため、住宅購入のためなど期間をしっかり決めて、目的を持った資産運用を心がけてください。

商品を選ぶ基準

商品には大きく分けて債券と株券が存在します。
これらは通常では違う値動きを見せます。
株式はリスクが高く、債券はリスクが低いとされていますが、どちらも国内の物と外国の物があるため、組み合わせが重要となってきます。
また、外国の商品は為替の影響を受けやすく、国内の商品よりも高リスクと言えます。
そのためリスクの少ない商品を選ぶことがポイントになるのです。

分散投資でリスクをできるだけ回避

資産運用でリスクをできるだけ回避するためには、分散投資を行うことが有効な手段だと投資家の間で検証されています。
国内株式・外国株式・国内債券・外国債券などを、リスクの低いもの同士で組み合わせて選ぶことで、リスクを軽減できます。
また、値動きのある商品は購入のタイミングをずらし、定期的に一定額を購入することを推奨します。

資産運用を行う場合は、しっかりと目的と期間を定め、分散投資も視野に入れましょう。
ボーナスが支給される月は、少しだけ上乗せして購入してみるというのも有効な手段です。
慣れてきたら資産運用にボーナスの利用も検討してみましょう。
また、資産運用に困ったらプロに相談してみるという方法もあります。

この機会にぜひ利用してみてはかがでしょうか?

資産運用は期間を決めておく

資産運用する上で、目的と期間を決めることは重要です。
期間を決めずに投資を行い続けると、儲かるどころか失敗してしまう可能性があります。
期間を決めるにはしっかりとした人生設計も必要ですが、中にはそういったことが面倒だという人もいるでしょう。
資産運用では一般的に60歳がゴールだということが投資家の間で検証されています。
今回は資産運用の期間について、詳しくご説明していきましょう。

資産の運用は時間のマネジメント

資産運用の際には、目的と期間をきちんと決めてから自分に合った投資方法を選ぶ人が多くいます。
資産運用は時間のマネジメントだとも考えられています。
なぜなら時間軸の意識を持つことが大事だからです。
ただ、お金を増やすだけのために何も考えずに投資を続けていると失敗してしまいます。
そのようなことにならないように、ゴールをしっかり定めましょう。
人によってはゴールが異なり、平均的な日本人の場合は60歳がゴールとされています。
ゴールを決めることで、投資のリスクに対して万全な準備が行えるでしょう。
一般的には年齢を重ねると、投資においての判断やタイミングが遅れることが投資家の間で検証されいます。
だらだらと投資をしていてはリスクを増やす一方です。
そのため期間を60歳に決めておくことで、ハイリスクな投資を避けつつ、トラブルからも回避することにつなげられるのです。

一般的に60歳が投資のゴールという理由は?

日本では一般的に、60歳が定年退職時期と考える企業が多いとされています。
そのため定年退職後は収入がなくなり、投資する余裕もなくなるのです。
投資するための資金だけではなく、基本的な生活ができるお金を確保するためにも、しっかりとした人生設計を立てておくことが重要視されます。

投資パターンを予想しよう

ゴールを60歳にした場合、どのような投資パターンがあるのか考えてみましょう。
35歳で、余裕資産が500万円ある場合、60歳までに月3万円の投資をすることができます。
ゴールした時に3000万円の利益が欲しい場合は、必要収益率が4.1%になります。
そうした場合は、債券と株式との割合が半々の穏やかな資産分配で、目標額に達成することが可能となります。
3000万円ではなく6000万円に目標額を設定したいという場合は、必要収益率
が 7.6%で株式主体でリスクを背負うと良いでしょう。


長期の資産運用を考えている場合は、投資顧問にメールで相談して投資について様々な情報を教えてもらうことをおすすめします。
そんな投資顧問を利用したい人に最適な投資顧問として、雅投資顧問が挙げられます。
雅投資顧問の利用プランの中では、雅コースが得におすすめと投資家から推奨されています。
投資顧問を上手く利用し、人生設計を考えた資産投資を考えていきましょう。

無料の資産運用セミナーは役に立つのか検証したい

日本各地で開催されている資産運用セミナーですが、有料のものもあれば無料のものもあります。

更に女性向けや初心者向け、会社で定年を迎えられた人向けなど対象者も様々で、その内容も不動産投資もあれば、投資信託用など投資先別も様々です。

各地で開催されている資産運用の無料セミナーは役に立つものなのでしょうか。

時間を作り足を運ぶのですから、事前に十分検証してから参加したいもの。

資産運用セミナー

資産運用に関するセミナーが日本各地で開催されていることをご存知ですか?

ジャンルとしては不動産関係が多く、株式投資や投資信託といったものもあり、しかも会場にさえ足を運べば無料で受けられるものも

もちろん内容はどのような資産運用を行うかで検証してみることも大事ですが、せっかく無料なのでこれから資産運用をと考えている人であれば、初心者用の受講を検討してみる価値はありそうです。

内容としてはお金に関する基礎知識や、株式にFX,ビットコントなどジャンルを選ばず解説してくれる講座など様々です。

今まだどのようなところへ投資するか決め兼ねている人にとっては参加を検討してみる余地はありそうです。

無料セミナーでも役に立つ?

いくら無料とはいえ、貴重な時間を割いて交通費を使って参加するのですから有益な情報でなければ参加する意味がありません。

例えば株式投資に関する基礎知識が学びたくて関連セミナーを選んで参加したのに、前述のようにFXやビットコインといった他のジャンルまでごちゃ混ぜで解説され、肝心の聞きたかった内容が薄かったのではガッカリです。

既にどのような資産運用を行うか目標がはっきりと決まっている場合は、そのジャンルの専門セミナーを受講しましょう。

また内容も初心者向けとかサラリーマン向け、リタイヤした人向けなど色々あるようなので、自分がどのような立ち位置なのかもしっかりと把握した上で聞きたいセミナーを選べば、例え無料セミナーであっても役に立つ内容の講義がたくさんあるようです。

但し、既に何年も資産運用を行ってきた人にとってはちょっと物足りない内容のセミナーもあるようなので、そういった場合は内容を事前に検証して有料セミナーを選びましょう

セミナーの効果を活かす

どれほど有益なセミナーでも聞いてきただけで終わらせれば役に立ちません。

必ず自分の投資先にその内容を反映させます。そして資産運用結果を検証します。

結果が以前に比べて改善されているならば、それがたとえ無料のセミナーであっても役に立ったという証に違いありません。

資産運用結果に責任を持つ

資産運用結果を検証する方法は以前に増してより一層知識が必要になってきています。
誰でも簡単に資産運用の結果を検証できるサイトは↓が最も知識がつくでしょう。

資産運用ではリスクやデメリットの検証なしに
成功なし

資産運用を行う上で成果や利益といった結果の検証はとても重要です。

どのくらいの成果があったかで、次回への投資につぎ込める金額も変わってくるはずです。

また成功したプロセスをもう一度辿るということはとても有効な手段です。

しかし資産運用には必ずリスクも存在し、時には大きな損失を出したりデメリットも当然有るので、こういったマイナス面の検証もとても大事です。

資産運用にリスクは付き物

これは資産運用だけに限ったことではありませんが、物事には必ずメリットデメリットがあり、当然投資には必ず何かしらのリスクが付きまといます

一般的にリターンの少ない投資ほどリスクも小さいと言われていますが、例えば銀行預金などは預けたお金の元本は保証されていますが、利息は極わずかで、その僅かな利息でさえも引き下げられるリスクを孕んでいます。

また上手に運用すれば大きな差益の見込める株式投資であっても、国内情勢だけでなく海外でのテロやクーデターといった突発要因に左右されて、思わぬ株価の下落に見舞われることも考えられます。

これらはいくら事前に検証して購入した株式であっても予測の範囲を超える外的要因を受ける場合もあります。

リスクやデメリットを常に意識する

人はどちらかと言うと、失敗をすれば反省をしますが、成功をしていれば良い面しか目に入らなくなるものです。

しかし成功しているときにこそ、リスクやデメリットについて検証しておくべきです。

まさに『転ばぬ先の杖』です。

どんな投資であっても成果が出ればよくても悪くても必ず資産運用結果を検証します。

その時想定内のリスクであったのか、予想していなかった何かの要因で期待値を下回ったのかを検証しなければいけません。
想定内であれば、今後もそのまま受け入れられるのか、少しでもデメリットを減らす改善ができないものかを検討しなければなりません。

更に大きな改善が必要なのが想定外のリスクです。

例えばアパート経営で順調に入居者を確保できていたのに、直ぐ近くにモダンでおしゃれなアパートが建設されれば、そちらに顧客を奪われることもありえます。

こうした事態に備えて改装費などの運営資金を確保しておくなどの対策も必要です。

防げないリスクは分散する

とは言え、資産運用には自分ではどうしようもないリスクやデメリットは必ずあります。

そうしたリスクをただ単に受け入れるのではなく、資産の運用先を幾つかに分けてリスクを分散させて置くことも大切です。

出来ればリスクやデメリットの大小のバランスにも注意を払いたいものです。

高齢化社会を検証すると今から資産運用が
必要なわけ

少子高齢が加速し、何かと不安が大きい私達の日本経済。

現状の公的年金額や、支給開始年齢が維持されるのかどうかも不透明です。

更には介護施設や介護職員の不足、介護保険財源の枯渇など考えれば不安なことばかりです。

でも不安だからと言ってただ指を咥えて見ているわけにもいきません。

自分たちの老後を検証すると、今から資産運用を始めなければならないことが分かってきます。

高齢化社会を検証

ご自分の老後、と言うよりも日本の高齢化社会について考えてみたことはありますか?

団塊の世代と呼ばれた人たちが70歳を迎えられた2017年。

急速に不足しつつある介護施設やそこで働く介護士の不足、病院のベッド数の不足などから政府は家族が自宅で介護をする自宅介護を推奨しています。

若い人にとってはまだまだ先の事と、傍観しているかもしれませんね。

しかし自宅介護が増えれば当然現役世代が介護離職を迫られます。

会社の中でも中核をなしてきた人たちが退職すれば会社の経営基盤が緩み、最悪の場合は倒産という事態にも。
もしそんなことが起これば、若い世代の人たちも職を失うわけです。

仮にそんなことが起こらなくても、年金や介護保険財源の枯渇により、年金受給額の削減や受給年齢の引き上げ。

特別養護老人ホームが廃止され、高価な高齢者マンションのようなところに入居するか、子どもたちの世話になるかしか選択肢がなくなるかもしれません。

更に深く検証すれば問題は山積みです。

資産運用を始めるなら早めに

こうした将来の不安を目の当たりに資産運用を始めている人もたくさんいます。

しかも始めるなら今から早めに計画だけでも開始すべきです。

景気の停滞で一般家庭の預貯金額は減少傾向にありますが、その上年金が減額された老後を検証すると、あなたにも老後破産の文字が現実味を帯びてくるはずです。

そのためにも長期にコツコツと貯められる資産運用を検証したり、現役で働いているうちにローンを返済し、老後は家賃収入で生活できるアパート経営などの不動産運用も検討するべきです。

収入源を分ける

何かに投資をすれば必ず資産運用結果を検証します。

そこで確かな成果があっても満足しないことです。

出来れば初回の投資で得られた利益は次の別の運用先を見つけて投資し、収入源を分けることが大切です。

なぜなら資産運用には必ずリスクが付き物で、せっかくの資産を老後までに失わないためにもリスクを分散することも同時に検討が必要です。

資産運用で成功するための結果検証のポイント

資産運用で成功したい。誰もが願うことです。

でも願うだけでは結果は伴いませんよね。

何かの行動を起こせば、何らかの結果が得られます。

その結果をいかに検証して次に活かすかが、資産運用で成功するポイントとも言えます。

PDCAサイクルを廻す

PDCAという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

・Plan:計画を立てる
・Do:計画に基づき実行してみる
・Check:結果を評価検証する
・Action:検証結果を元に改善する

この4つを繰り返すことを、PDCAサイクルを廻すといいます。

どれも重要な事ですが、中でももっとも重要なのが結果を評価検証して次の改善に繋げることです。

この事は資産運用にも適合し、成功の鍵とも言えます。

資産運用の結果検証

資産運用はどの分野に投資するかで結果も違ってきますが、もっとも大切なポイントは多角的に判断することです。

成功を焦る人はついつい良い結果が得られた場合には、検証して同じ方法を再現しようとします。

しかし結果には良いときも悪いときも当然あります。

ましてや資産運用には必ず何らかリスクがあります。

この事を踏まえて資産運用結果を検証します。

失敗があった時にそのことを反省し、改善をします。

失敗がなかったときも想定されるリスクを検証し、次回も失敗しない方法を検証する。

こうして悪ければ改善、良ければ維持できるように工夫する。

これこそが最大の成功のポイントではないでしょうか。

リスクの分散

投資の世界の金言に『卵は一つの籠に盛るな』という言葉があるそうです。

卵は割れやすいので、一つの籠に盛っていて落としたときには1つ残らず割れてしまいます。

つまり投資を一点に集中させれば、当たれば大きな利益を得ますが、外れればすべてを失う結果になります。

そのためにも、どの様な投資方法にはどのようなリスクやデメリットがあるのかをしっかりと検証し、複数の投資先に分散したり、または株式などでは大きく相場が動く変動株と、相場が高値安定しているような株式を購入するなど、幾つかの銘柄に分けて資産を分散することもリスク管理では大切です。

もちろんここでも結果の検証は重要で、当初の想定よりもリスクが大きかったとか、もっと他にリスクを抑えた効率の良い資産運用方法が見つかったというような事が分かれば、投資先を変えたり、分散比率を見直すといったActionに繋がるわけです。

資産運用は短期集中か長期分散のどちらが有利か検証する

資産運用と一口に言ってもいろいろな方法があります。

それは株式投資や国債、ファンド、更にはアパート経営といったジャンルだけではありません。

例えば株式に投資したとして、今後急騰しそうな銘柄一点に絞って投資を行う短期集中型の出資方法もあれば、大手企業の安定銘柄を何社か買って、長く配当金や株主優待の権利を保持する長期分散型の運用方法もあります。

この両者を検証するならば、どちらが有利なのでしょう。

インカムゲインとキャピタルゲイン

前述の両者を別の言い方で表すと、インカムゲインとキャピタルゲインと言い換えることが出来るのではないでしょうか。

インカムゲインとは資産を持ち続けることで得られる利益で、株式で言うならば、安定銘柄を持ち続け配当金や優待特典をもらい続ける資産運用方法です。

一方のキャピタルゲインは資産を手放す事で得られる利益のことで、同じく株式で例えるなら、株価が上昇した時に手離すことで得られる差益がこれに当ります。

基本的に資産運用で利益を得るにはこの両者の方法で、どちらが有利か検証する必要があります。

短期集中と長期分散のどちらが有利

ではこの両者を検証すると短期集中型と、長期分散型ではどちらが有利なのでしょう。

それは言い換えれば、どちらが、リスクが少ないかを検証することにもなります。

キャピタルゲインは資産を手放すことで利益を得るので、そのタイミングが正しければ短期間で大きな利益を収集することが出来ます。

一方で、期待したような株価の上昇がなければ損失も大きく、更に一点買いの集中投資だった場合、負ければ資産を失う上、次の投資の元手を再び準備しなければなりません。

いわゆるハイリスクハイリターン型の資産運用です。

一方のインカムゲインは、資産を持ち続けるので長く配当金が得られ、更に業績が上がれば配当金も増える可能性があります。

反面業績が下がれば配当金自体が期待できなくなったり、倒産によって株券が意味のない紙切れになってしまうリスクもあります。

しかしインカムゲインの場合は、月々の期待できる利益が少ないので、幾つかの銘柄に分散して投資する事が多く、そういう意味ではローリスクローリターン型の運用方法です。

目的に応じて検証する

投資を始めるにあたっては必ず目的があるはずです。

今直ぐまとまった資金が必要なのか、将来の蓄えなのか。

その目的を元に資産運用結果を検証します。

その結果多少リスクが大きくても短期集中型が必要であればチャレンジしてみてください。

少額から始められる資産運用方法を検証してみる

会社の昇給はあまり期待できないし、ボーナスも同期に比べても決して多くはない。

このままでは将来も不安なので、ならば資産投資で何とか貯蓄を増やしたい。

でもそうは言っても元金が寂しく、大きな投資は出来ない。

そんな風に悩んでいる人も多いことでしょう。

では毎月のお小遣いで始められる資産運用はないのでしょうか。

少額から始められる資産運用は

大きな投資をして借金を抱えるようなリスクは負えない。

それでも毎月わずかでも利益を得たい。

毎月の家計をやりくりし、お小遣いを少し我慢すれば10,000円程度であれば投資できる。

そんな少額から始めることが出来る資産運用もあります。

例えば今主婦や学生さんにも人気のFXです。

FXは最初に証拠金という保証金の様なお金を預けます

それに対しレバレッジが掛けられるので、例えば証拠金10,000円に対して20倍のレバレッジを掛けた場合、200,000円分の取引が可能に。

これであれば、まず最初に負担にならないお小遣い程度の額の資金を用意し、利益が発生すれば次回の証拠金に投資して増額することも可能となります。

但し負けて元手がなくなることも考慮して、いくらまでなら投資できるかをしっかり検証しなければいけません

もう一つがファンドとも呼ばれる投資信託です。

ファンドは大勢の人が少しずつの資金を出し合って、そのお金を資産運用のプロ(ファンドマネージャー)に託すことで、利益が出ればみんなで分け合いましょうという投資方法。

ファンドも基本的に10,000円から始められ、更には投信積立を利用した場合最低月1,000円からの取引も可能です。

少額運用の結果は

FXにしてもファンドにしても確かに少額から始めることが可能です。

であれば、実際に投資を始めてみることです。

そして資産運用結果を検証します。

その結果に満足であれば、そのまま少額投資でコツコツと確実に投資を続ければいいでしょう。

しかし少額投資の結果はリスクも小さいがリターンも少ないので、もう一歩踏み出すべきかを検証します。

そしてここまででプールした利益を元手にもう少し出資を増やせるようであれば投資を拡大するといった判断も検討してみましょう。

まとめ

資産運用は少額からでも可能です。

また元手を抑えているので、仮に負けた時に背負うリスクも少なくて済みます。

ただしその分得られるリターンも少ないので、何度か利益を得て余裕が出てきたら、もう少し増額できないか検証し、段階を追って投資額を増やしていくのが賢明です。

更に付け加えるならば、リスクを分散するために、別の投資先を増やすというのも検討すべきです。

働きながら資産運用を行うには何が最適かを
検証してみる

仕事を持って働きながらも、何か副収入を得たいと考えている人が大半のはずです。

しかし、殆どの会社が副業を認めていないため、なにか良い方法はないものかと思案している人も多いことでしょう。

それでは何か資産運用を初めてみるのはどうでしょうか。

一般的に資産運用は副業という認識は薄いようで、方法によってはそれらが禁止されている公務の仕事に就かれている方でも許されている投資先があるようです。

働きながら資産運用は出来るのか?

例えばお勤めの会社で株式投資は副業にはあたらないから、OKになったとしましょう。

しかし、通常株式市場が開いて取引されているのは平日の午前9:00から午後3:00の間です。

アパート経営で家賃収入を得る方法を選んだとしても、契約者からの苦情等も想定したうえで様々な対応方法を検討しておかなければなりません。

ではどのような資産運用であれば会社を辞めずに働きながらでも出来るのでしょうか。

一つは今人気のFXです。

FXは日本円で海外の通貨を買って、その後に発生する通貨レートの上下で差益を得るものです。

そのFXの特徴の一つが、24時間いつでも取引が出来ることです。

サラリーマンやOLが仕事から帰って、お風呂上がりのくつろぎタイムにでも、出勤時の駅での電車待ち時間でも取引が可能です。

もう一つおすすめなのが投資信託です。

ファンドと言った方が理解しやすい人もいるかもしれませんね。

ファンドは大勢の投資家が資金を出し合い、それをプロのファンドマネージャーに託すことで、利益が発生すれば拠出額に応じて分配金がもらえる仕組みです。

つまり自分はお金を預けるだけで、その他の株式や債券の購入や運用まで一切をファンドマネージャーが行ってくれるので、働きながらでも行える資産運用の代表のようなものです。

まだまだ他にも働きながらでも行える資産運用はありますが、自分の生活スタイルに最適なものはどれかをしっかり検証してみることです。

結果を検証して本格投資に切り替える

まずは副業として始めた投資でも、資産運用結果を検証します。

そして会社を退職しても十分な収益が期待でき、本業としてやっていけるというような投資法が見つかれば、本格投資に切り替えることも可能です。

但し、本来自分は何のために資産運用を行うのかという目的だけは最初に明確にしておき、いくら儲かる運用方法でも最初の目的にそぐわないようであれば、そのまま会社勤めを継続することも有りでしょう。

要はしっかりと人生設計を検証した上で、資産運用を始めることがブレない秘訣です。

資産運用初心者が陥りやすい失敗を検証

何となく将来に不安を感じ、資産運用に明るい未来を感じて気軽に参入して失敗した。

あなたの近くでもそんな事例はあるはずです。

自分では綿密な計画を立てて始めたはずの投資で、リスクの大きさを読み間違えたといった失敗は珍しくありません。

資産運用のリスク

資産運用、しかもとりわけ大きな投資には必ずそれ相応のリスクがあります。

例えばリスクの少ない銀行預金や国債でも変動金利で金利が下がり、元本は保証されていても資産運用という観点では思ったほど利益が出ないということが考えられます。

ましてや株式投資やFXのようなレバレッジが効いて大きなリターンが期待できるものには、その逆に大きな損失もあることをよく検証して投資を始める必要があります

アパート経営のような不動産投資であれば、借り手がつかずに空き部屋が発生するリスク。

外貨預金であれば購入時よりも円高になって満期を迎えるリスクがあります。

投資信託にも価格変動などで元本が保証されないリスクが伴います。

このように資産運用には大なり小なり必ず何らかのリスクが有ることは最低限認識しておきましょう

初心者が陥りやす失敗とは

とりわけ初心者はどうしても利益ばかりに目が取られ、リスクの存在を忘れがちです。

こうした事が失敗につながり、途中で資産運用を諦めたり、元々あった資産を減らしてしまったりする原因にもなります。

また時々耳にするのが、知識や経験といった必要事項が少ない中で、自己判断で投資して失敗する例もあります。

株式投資などには投資顧問というプロのアドバイザーと契約することでリスクを抑えることが出来ます。

しかし、株式購入資金だけで運用を計画し、こうしたアドバイザーへの依頼料などは計算に入れていないために、自己流で実行して損失を出すという様な事例もあります。

その他には、やってみた結果を検証せずに次のステップへ進むというパターンです。

何かに投資をすれば、儲かっても失敗しても資産運用結果を検証します。

そしてどうして今回は成功できたのか、どうして今回は損失を計上してしまったのか。

そういった原因を検証した結果を次回に活かすことが大切です。

さもなければ、偶然儲かったのであれば次回は損失を出し、また失敗だった場合は次回も同じ失敗を繰り返すことになるからです。

まとめ

資産運用には必ずリスクが有ることを認識し、自分がこれから投資する分野にはどういったリスクがあるのかを十分に確認して認識しておく。

そしてやってみて結果が良くても悪くてもそうなった理由をしっかり検証して次回に反映させる。

この事がリスクを少しでも小さくする第一歩です。