働きながら資産運用を行うには何が最適かを
検証してみる

仕事を持って働きながらも、何か副収入を得たいと考えている人が大半のはずです。

しかし、殆どの会社が副業を認めていないため、なにか良い方法はないものかと思案している人も多いことでしょう。

それでは何か資産運用を初めてみるのはどうでしょうか。

一般的に資産運用は副業という認識は薄いようで、方法によってはそれらが禁止されている公務の仕事に就かれている方でも許されている投資先があるようです。

働きながら資産運用は出来るのか?

例えばお勤めの会社で株式投資は副業にはあたらないから、OKになったとしましょう。

しかし、通常株式市場が開いて取引されているのは平日の午前9:00から午後3:00の間です。

アパート経営で家賃収入を得る方法を選んだとしても、契約者からの苦情等も想定したうえで様々な対応方法を検討しておかなければなりません。

ではどのような資産運用であれば会社を辞めずに働きながらでも出来るのでしょうか。

一つは今人気のFXです。

FXは日本円で海外の通貨を買って、その後に発生する通貨レートの上下で差益を得るものです。

そのFXの特徴の一つが、24時間いつでも取引が出来ることです。

サラリーマンやOLが仕事から帰って、お風呂上がりのくつろぎタイムにでも、出勤時の駅での電車待ち時間でも取引が可能です。

もう一つおすすめなのが投資信託です。

ファンドと言った方が理解しやすい人もいるかもしれませんね。

ファンドは大勢の投資家が資金を出し合い、それをプロのファンドマネージャーに託すことで、利益が発生すれば拠出額に応じて分配金がもらえる仕組みです。

つまり自分はお金を預けるだけで、その他の株式や債券の購入や運用まで一切をファンドマネージャーが行ってくれるので、働きながらでも行える資産運用の代表のようなものです。

まだまだ他にも働きながらでも行える資産運用はありますが、自分の生活スタイルに最適なものはどれかをしっかり検証してみることです。

結果を検証して本格投資に切り替える

まずは副業として始めた投資でも、資産運用結果を検証します。

そして会社を退職しても十分な収益が期待でき、本業としてやっていけるというような投資法が見つかれば、本格投資に切り替えることも可能です。

但し、本来自分は何のために資産運用を行うのかという目的だけは最初に明確にしておき、いくら儲かる運用方法でも最初の目的にそぐわないようであれば、そのまま会社勤めを継続することも有りでしょう。

要はしっかりと人生設計を検証した上で、資産運用を始めることがブレない秘訣です。